足温器アポロンの販売は 終了させていただきました。
ありがとうございました
お客様の声はこちらをどうぞ

冷え性・冷房病でお悩みの方に 特にオススメする使える足温器です。

過去一年では、リピーターの方が約60%を占めています。
使っていただくと、身体に負担の無い暖かさが気に入り、
ご家族の方に、お話をしていただけるようです。
ただ、残念ながら強い刺激の暖かさを求めている方には
不向きです。

四季を通じて、慢性の冷え性の方
部屋を暖めても、足元だけ冷える方
冷えによる、痺れるような足の痛みを感じている方
体温が低く、内臓の冷えでお悩みの方
夏の冷えや冷房病で、体調を崩されている方

ご自身はもちろん、ご家族の健康や省エネ・エコなど地球環境に
関心をお持ちの方に、ぜひお使いいただきたいと思います。
足に嫌な汗をかいたり、ムレたりしません。
ですから、ご使用後冷えることはありません。

安心・安全・清潔な足温器です。
母娘やご夫婦で、お使いいただいている方も増えました。
受験生にも、ご好評をいただいています。

足温器アポロンを知っているので
    
今すぐ購入したい方はこちら

 特別提供価格¥27,800(税込)

省エネ足温器アポロンの特徴 

足温器と言っても、従来の足温器とはまったく違うものです。

最新エコ技術のパワーヒートパイプを内部に組み込んでおり、赤外線と微弱超音波を伴った
1/f ゆらぎの温熱波動を出しています

他の足温器とは あきらかに製法に違いがあります。
購入時には、高いと感じるかもしれませんが お使い頂くとその良さがお分かり頂けると思います。

熱くなく、柔らかな暖かさ(約40℃ 室温によって多少変わります)が、じんわり伝わって長時間使用出来ます(低温やけどを防ぐ為に表面に凹凸が作ってあり、汗も発散出来ます。)

体に負担がかからないので、ご高齢の方や病後の方などにも安心してお使いいただけます。パソコンの足元にあると、とっても気持ちいいですよ。夏の冷えや冷房病対策にも、とても有効です。

十分温まってから、椅子の背に立てかけて腰に当てたり、アポロンの上に座っても快適にご使用いただけます。とても軽量(1.7kg)なので、持ち運びに便利です。

アポロンにはカバーが付いていません。人間は、一日に両足でコップ1杯分の汗をかくそうです。足から出る汗自体には強い臭いはありませんが、靴の中で足が蒸れていると足の雑菌と反応してしまい、足や靴が臭う原因になります。この雑菌が繁殖すれば、そのまま水虫になりかねません。

カバーの付いた足温器には、雑菌が繁殖してしまいますし、布の部分はすぐに汚れてしまいます。
こまめに洗濯すれば良いですが、なかなかそういうわけにもいきませんね。

アポロンをご使用の際に、最初は足の甲の部分が寒さを感じるかもしれません。その場合は布やタオルで覆って頂けば快適です。たとえ布等を使用しなくとも、甲の部分も次第に暖まるのが、お分かりいただけると思います。

汚れたら(普通にご使用頂く場合には、埃が多少付くだけです。)乾いた布、あるいは湿らせた布でさっと拭いてください。ペット用ヒーターとしても、ご使用いただけます。

ランニングコストは、3時間で約1円!
丸一日、24時間つけっぱなしでも、10円未満という驚きの仕様。

一日8時間使用で、一ヶ月の使用料は100円程度、ご購入後の電気代は、ほとんど考えなくてもいいということです。省エネ・エコにとても合致した 今の時代の製品です。


こんな方にオススメします!
  
とにかくひどい冷え性。(内臓の冷えも気になる)
  夏になると、職場の冷房で体調を崩しがち。(冷房病 夏の冷え)
  受験勉強で長時間机に向かう間、足を温めたい。
  今までの足温器に満足出来なかった。(カバーの汚れも気になっていた。)
  病気とまでは言えないけど、冷えで体調が悪く疲れやすい。

ペット(小型犬・猫などの小動物)にも、ペット用ヒーターとして使ってあげてください
  ホットカーペットは好きじゃない。(電磁波が嫌!)
  ご主人がお留守の間は寒くて震えてる。
  手術の後にゆっくり養生したい。


冷え性で悩んでいた私(店主の嫁)は、問屋さんのイベントで見つけ、試しに使ってみたら、今までの足温器の温かさとはまったく違う、ある種安心感のある温かさに惹かれて購入しました。

足だけでなく全身が暖まりリラックスします。(もちろん 個人差はあると思いますが・・・。)刃物屋なのに足温器を売っているのは、冷えに悩んでいる方にアポロンを知っていただきたいという思いからです。

この足温器アポロンを作っているメーカーは、この技術を床暖房に導入し「ウルトラ暖」という名称で、床暖房システムでは画期的な商品を開発しました岩盤浴の熱源にもパワーヒートパイプは使われており、さまざまな方面で利用され始めています。

「大自然の揺らぎをアポロン足温器で感じてください。身体を暖めて元気に過ごしましょう。」

営業時間中は、いつでもご試用可能です。近くにお住まいで興味のある方はご来店下さい。店舗でも販売はしておりますが、在庫に限りがございますので、あらかじめお電話かメールにてお問合せください。

足温器アポロンのメーカー三和綱器のHPです。

仕様

定格電圧 単相100V (50/60Hz) 
外形寸法 450W×320L×40H
重 量 1.7Kg
消費電力 20W,29W 3時間で約1円
(1時間使用 1kw/h 23円で試算)
安全装置 サーモスタット(55℃)、温度ヒューズ(102℃)による二重の安全装置
表面温度 約40℃ (室温20℃でご使用の場合)

パワーヒートパイプとは

パワーヒートパイプは、ステンレスの管(パイプ)を密閉・真空にして、瞬間的に熱に反応する作動液を封入した省エネルギー放熱媒体です。

作動液に熱が加わると瞬時に蒸発(沸騰)し、管内部で蒸発-移動-凝縮を高速で繰り返し、管全体から放熱します。

パワーヒートパイプは、優れた熱伝導特性によって、各々の目的に最適な熱量を供給し、ランニングコストの削減に役立ちます。

パワーヒートパイプは、温熱とともに赤外線と微弱超音波を発生し、生物の細胞活性化をうながし、自然治癒力を高めます。

パワーヒートパイプの利用

【農業・畜産施設分野】
   ハウス暖房  土中・水耕加温  土壌消毒  育苗  家畜舎暖房

【乾燥機分野】
  農産物乾燥  海産物乾燥  サプリメント  廃棄物乾燥

【住宅・建材分野】
  床暖房  パネルヒーター  融雪

【健康機器分野】
  足温器  温浴施設サウナベッド

             ( メーカー 三和綱器(株) パンフレットより抜粋 )

      


1/f ゆらぎとは

   「1・fゆらぎの謎にせまる」  東京工業大学 名誉教授 武者利光氏

1/fゆらぎは、自然界に非常に普遍的に見られる現象で、ものの集団の動き方の根本法則のようなものらしい、ということまでは分かっています。

そのほか、1/fゆらぎが生体のリズムと同じだということも分かってきました。初めてこのことを発見したのは人間の心拍のリズムです。他に、目玉の動き方や脳波のα波の周波数ゆらぎもそうです。

少し難しい話になりますが、生体のニューロン(神経細胞)は生体信号として電気パルス(電気信号)を発射しており、ある細胞の発射間隔を調べたら、その間隔が1/fゆらぎをしていたんです。

そのことから、生体のリズムは基本的には1/fゆらぎをしているといっても良いでしょう。そして、この1/fゆらぎは、快適性と関係があることが判明しています。

具体的にどういうことでしょうか。

武者 生体に、心地よさなど快適な感覚を与えてくれるんです。

人間を心地よくしてくれる刺激には、1/fゆらぎをしているものが多いのです。

その典型的なものが音楽です。音楽の特徴は音響振動数のゆらぎ方にありますが、ほとんどすべての音楽は振動数のゆらぎが生体リズムのゆらぎと同じになるようにつくられているのです。

それは人間だけでなく、他の動物などにも同じ効果がありますか。

武者 もちろん動物にも効果があります。

犬、馬、牛、鶏、どんな動物でも生体であれば、1/fゆらぎが心地よくしてくれます。

家畜に音楽などを聴かせるといいというのをよく聞くでしょう。それは、音楽から1/fゆらぎを受けますと、リラックスして卵をたくさん生んだりするからなんです。

1/fゆらぎが生体に心地よさを与えてくれるのは分かりましたが、実際に1/fゆらぎを摂取したり、その効果を得るにはどうすればいいのでしょうか。

武者 それは簡単です。1/fゆらぎを聴いたり、見たり、体で感じたりすればいいんです。

例えば、音楽についてはすでに述べたように、聴いて1/fゆらぎの効果を得ます。

また、小川のせせらぎを聴いていると落ち着くと思いますが、音楽と同じ音の構造をしているからなんです。他に木の年輪や木目の線の間隔も1/fゆらぎを持っています。

そういうものを見ていると、1/fゆらぎの効果を得られます。

また、手づくりのものには自然に1/fゆらぎが入っています。

しかし、少しでも機械で削ったりして精密なものに加工してしまうと、1/fゆらぎは失われてしまいます。

ですから機械的に大量生産された製品、近代的なビルなどには基本的に1/fゆらぎが存在しません。

そういう意味で、人間が生活する場としては、自然の木肌や細かい凹凸を生かした、日本の伝統的な住宅はとてもよくできています。非常に理想的な1/fゆらぎを持っているといえます。

この前、彦根城を見てきたんですが、天守閣には、曲がっている松がそのまま梁に使ってある。要するに、木の性質をそのまま生かしているので、非常に1/fゆらぎが見られましたね。

武者利光氏  1931年東京都生れ。

54年東京大学理学部物理学科卒業後、同年、日本電電公社電気通信研究所研究員、

64年マサチューセッツ工科大学研究員、65年スウェーデン王立工科大学研究員

66年RCA東京研究所研究員に。

67年東京工業大学助教授、教授を経て名誉教授に就任。

1/fゆらぎの草分け的存在で、77年には第1回「1/fゆらぎに関する国際会議」を日本で開催し

以降2年ごとに世界各地で行なっている。

また、94年には(株)脳機能研究所、(株)ゆらぎ研究所を設立し社長を兼任。

著書に『ゆらぎの発想〜1/fゆらぎの謎に迫る』(94年、日本放送出版協会)、

共著に『ゆらぎの科学』(91年、森北出版)など。

                      

at home教授対談シリーズ 「 こだわり アカデミー」より             

Copyright (C) 2006 nawa-v.com All rights reserved.